入浴

 

「ベビーバス」

赤ちゃんが生まれてすぐに始まるのが沐浴ですね。病院でも沐浴の練習をさせてくれますが、1回程度ではなかなかコツも掴めませんので、首の据わらない小さな赤ちゃんをお湯に入れて洗ってあげるのは、楽しい反面慣れるまでとても緊張する作業でした。
また生まれる前から「ベビーバス」を買うか借りるかで迷ったのですが、一時的な物で捨てるのも大変だし、お試しで使ってみたいということでレンタル(ベビーベッドとベビーバスのセット)を利用してみました。

実際使い始めると、体の大きさに対する深さや腕の入る位置などが微妙に違うので意外と使いづらかったのですが、ベビーバスにつけるハンモックのような「ベビーバスネット」を使い始めたところ、数キロの赤ちゃんを片手で支え続ける負担が無くなり、大分楽に洗えるようになりました。

またレンタルの終了後は、赤ちゃんをお風呂の床で寝かせて洗える「ねんコロマット」とアカチャンホンポの「ベビープー」を使っていたのですが、特にベビープーは沐浴が終わってからも夏場のミニプールとして、その後はおもちゃ入れとして使うことができ、最後は空気を抜いて簡単に処分できたので非常に重宝しました。

 

「ボディーソープ」

赤ちゃんの沐浴で使う「ベビーソープ」は、いろんなメーカーから固形タイプ、泡タイプ、リキッドタイプ、お湯に溶かすタイプ等いろいろ出ています。

うちの子は、泡タイプのベビーソープで沐浴を始めたのですが、数日で赤い湿疹が出て来てきてしまい、ベビーソープとの相性もあるのかなと思って別のタイプに変えたら、すっかりキレイに元に戻りました。

赤ちゃんのお肌はとても敏感で、合わない場合もありますので、その時は出来るだけお肌に負担のない物に変えてあげた方が良いかもしれません。

ちなみにうちの子は「スキナベーブ」というお湯に溶かすタイプの沐浴剤で、お湯の中で綿タオルでやさしく体を洗うようにしてからは、湿疹とはまったく無縁になりました。

 

 

「バスタイム」

少し大きくなって沐浴からパパママと一緒にお風呂に入れるようになると、楽しい赤ちゃんのバスタイムが始まります。お湯に浮かべるおもちゃ、小さな赤ちゃん用のバスグッズ等もこまごました物が増えてきます。そんな小物の整理には、お風呂の壁に吸盤で貼りつけるタイプの「おかたづけネット」が便利です。

またバスタイムに赤ちゃんがたくさん遊んでくれると、眠りが深くなり夜泣きが抑えられる効果があるそうです。うちも夜泣きがひどく何度も起こされたので、どうにか夜泣きをなくす方法はないかと情報を集めていたときに、「スイマーバ」という浮き輪首リングを見つけました。生後1カ月から使えるそうで、まだハイハイの出来ない赤ちゃんでもお風呂の中で自由に動けるので、夜泣きのひどい赤ちゃんには試してみても良いかもしれませんね。












Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

このページの先頭へ