ベビーカー/自転車

 

「ベビーカー」

赤ちゃんとのお出かけといえばベビーカーですね。ベビーカーには大きく分けて3つあります。

「A型ベビーカー」は生後1ヶ月の新生児から使えるなど、赤ちゃんを水平に近い角度で寝かせられる状態で乗せられるので、首の据わらない赤ちゃんでも安心です。特に「両対面型」はママ(パパ)と向い合せに乗せられ、しかも頑丈なので、ベビーカー自体に慣れない親子にとっては強い味方です。ただその分、収納する時はかさばり、持ち運ぶにもやや重いです。

「B型ベビーカー」は腰の据わった頃から便利に使えます。比較的軽量で価格もお手頃。とり回しもしやすいのですが、その反面リクライニングはできないので、赤ちゃんが寝てしまうと、首が左右どちらかにコテンと曲がってしまうので、注意が必要です。

最近はその中間の「AB兼用型」というのも出てきました。

それぞれ特徴があり、赤ちゃんの成長やライフスタイルに応じて使い分けるのが、ベストだと言えるでしょう。

ちなみにブランドでは、可愛いデザインが豊富な「アップリカ」と上質で造りがしっかりしている「コンビ」が、国内2大ブランドです。

最近は海外ブランドの「マクラーレン」が、おしゃれで個性的なママ達に大人気です。
「キャスキッドソン」「ケイトスペード」「トライアンフ」などのブランドコラボ・ベビーカーも多数出ています。

ただ海外仕様で持ち手の位置が高いので、小柄なママは買う前に実際の高さを確認すると良いかも。流行のイクメンパパが多用する場合には、カッコよく決まりそうですね。

その他にも、三輪車型のベビーカーブランド「エアバギー」等、世界各国から多様なベビーカーが輸入され、ネットで手軽に手に入るようになって来ています。しかしそれに比例してベビーカーの価格も高額になりつつあります。

一時的な利用と割り切れば、レンタルやリサイクル、オークションなどを活用すれば比較的安く利用したり手に入れることが可能なので、買う前にしっかり調べて賢く選びたいですね。

 

 

「子ども乗せ自転車」

赤ちゃんから幼児になってくると、ベビーカーや抱っこひもでお出かけするよりも、断然活動範囲が広がる「子ども乗せ自転車」がオススメです。昔は、荷台の部分にちょっとした手すりつきの簡易な椅子をママチャリに後付けしたりする方も多かったのですが、数年前より節約&エコの風潮からか自転車ブームになっているため、最近では子ども乗せ自転車も劇的に進化しています!前に子どもを乗せられるもの、後ろにハイバックシートが付いているもの、前後に2人乗せられるもの、用途によって前後の椅子とカゴを入れ替えられるもの、電動付きのもの等々。

いろんなメーカーからたくさんのブランドが出ていますが、子ども乗せ自転車のシェアを二分する人気ブランドがブリジストンの「アンジェリーノ」シリーズと、丸石サイクルの「ふらっかーず」シリーズです。実際、ある自転車店の店主も、この2つのブランドは扱いやすいし故障も少ない、メーカーもしっかりしてるので間違いないと言っていました。

「アンジェリーノ」シリーズは前乗せタイプですが、この前乗せシート「スーパーエンジェルシート2.0」が秀逸で、ヘルメットの当たる後頭部部分が少し凹んでいたり、寝てしまった時のリクライニングができたりと細部にまで配慮がされています。うちの子は売場で選ぶ際、たくさんある前シートの中でこのシートだけがご機嫌で座り続けていました。
「ふらっかーず」は、子ども乗せ自転車の先駆けブランドで子どもの重さに対して、自転車がふらつきにくいように、しっかりしたフレーム構造と厚めクッションのシートで子どもも快適に乗れるようです。またアンジェリーノよりも少し割安なお値段も魅力です。
両ブランドとも後ろ乗せシートもあったり、電動付きタイプ、カゴやカバー等のオプションも多数揃っていて、初めて購入を考える際には安心して選べるシリーズかと思います。

最近は「子ども乗せ自転車であってもデザインも大切!」というお洒落で個性的なパパやママにはブリジストンの「ハイディービー」という電動付き子ども乗せ自転車が人気のようです。形が通常のママチャリ型とは違い、男性が乗っているようなスポーティな形状で、後ろにはハイバックチェアのような子ども乗せシートが付いています。雑誌のVERYとコラボしたモデルで、誌面ではママに扮した女優やモデルが子どもを乗せてお洒落に乗る姿が印象的でした。この自転車は子どもが大きくなったら、後乗せシートを外してお洒落な電動付き自転車としても使えるようです。

シートに関していえば、低年齢ほど前乗せシートで、少し大きくなってからは後乗せシートの方が安全面からも安定感からもいいと思います。子どもの年齢にもよりますが、ママのライフスタイルや普段の荷物量を考慮して、自転車でのお出かけや買い物が多い方なら、前乗せシート+後ろに大型リアバスケットを付けた形がオススメです。後乗せシートだと前カゴの要領は限られてきます。ただ、前後のカゴとシートを入れ替えできるレアな子ども乗せ自転車もありますし、前乗せシートであっても子どもが少し大きくなったら、シートを外して後ろのリアシートを前に持ってきて、新たに後乗せシートを追加して使うことも可能です。(アンジェリーノシリーズ等)決してお安いものではないので、子どもの成長や、その後の兄弟が増えるかどうかなどを検討した上で購入したいですね!

 

「後付けチャイルドシート」

お安く仕上げる方法としては、専用の子ども乗せ自転車でなくとも、普通の自転車にお洒落な子ども乗せシートを買って後付けする方法もあります。特に最近はお洒落で頑丈な海外ブランドも多数増えてきました。輸入チャイルドシートの火付け役となったアメリカの「トピーク」、同じくアメリカの「アイバート」、ノルウェーの「ハマックス」、オーストラリアの「ウィライド」「ポリスポート」、オランダの「イエップ」、同じくオランダ発で王室御用達の一品、「ボバイク」など。それぞれ特徴や制限体重&年齢、取付けられる自転車の形状なども異なるので、必ず販売店で確認してから購入してくださいね。












Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

このページの先頭へ