ベビー服

 

「赤ちゃんの肌着」

赤ちゃんの初めての洋服、肌着。新生児は病院で用意するように言われる長肌着と短肌着が基本となるようです。病院を出て、自宅に戻るとボタンが付いた「コンビ肌着」の出番が一番多かったです。コンビ肌着はボタン付きなので、赤ちゃんが動いたり寝返りしても、おなかが出たりはだけたりしないし、足までカバーしてくれるので安心です。体温調節がまだ未発達で汗っかきの赤ちゃんには、肌着の替えがたくさん必要ですが、このコンビ肌着をベースに、気温に合わせて長肌着や短肌着を重ね着させると便利です。

肌着には高価なオーガニックコットン素材から普通の綿素材まで、ピンからキリまでありますが、ミルクや排泄で汚れるので高価なものよりは安価でも数を確保して、いつでも清潔な物を着せてあげる方が良いですね。白いフライス地の肌着が一般的ですが、通販等では生地・色柄ものも豊富に揃っているので、可愛いデザインを探してみても楽しいと思います。

 

「赤ちゃんの服選び」

赤ちゃんの洋服選びはママにとっても最大の楽しみの一つです。でも、豊富なデザインやサイズの中から、初めての赤ちゃんに合うものを選ぶのは、ポイントが良く分からずに迷ったり悩んだりと失敗続きでした。ここでは、少しでも赤ちゃんの服選びで迷わないよう、いくつかのポイントをご紹介します。

①サイズ
赤ちゃんの成長に伴い、肌着から徐々に普通の洋服の形が着られるようになっていきます。サイズが大きくなるに従って、デザインも色柄も豊富に揃い選べるようになります。
最初の肌着が50~60cmで、その後は70cmというサイズが一つの目安になります。
うちの子は、体が小さかったので、この70cmサイズを1歳半過ぎまで着ていました。
服を月齢で選んでしまうと、子どもの成長が早い子、遅い子にとっては目安に合わない場合が多くありますので、必ず身長・体重を優先して選びましょう。お祝いやプレゼントで服をもらったり、贈る場合には、大きめのサイズをチョイスすると失敗しません。

②デザイン
首が据わらない赤ちゃんには、かぶるタイプのデザインの服の着替えは大変です。あんよができない1歳までの赤ちゃんには、前ボタンで着替えが出来る服「ロンパースタイプ」をオススメします。ハイハイの激しい時期には、前ボタンでも体の横にボタンがずれたデザインなら這った時にボタンが体に当たらず安心です。スカートやズボンをはいているような一体型のデザインもあり可愛いですよ。
上下が分かれた普通の服は70~80cm~多く、あんよがしっかりしてきて歩けるようになる1歳以降の方が、デザインも豊富に揃い、着替えもさせやすくなります。

③色・柄
ベビー服の色・柄は、ママのセンスや好みによって趣味や傾向が表れます。一方、お祝いやプレゼントでも、ブランド物やオーガニックコットンなどを使った高価なベビー服をいただくことも多くなるので、様々な色・柄が揃います。色・柄はどんな物でも良いと思いますが、まだたっちが出来ない赤ちゃんにはミルクで汚れることも考えて、パステルカラー等薄い色の服がオススメです。濃い色だと、乾いた時に汚れが白く目立ちます。離乳食が増えてくると、料理で服の前面や袖口が汚れるので、反対に赤や紺、茶など濃い色目の洋服を着せておくと、シミになっても目立ちにくいです。

ベビー服はデパートなどで見ると、意外と高価なので、通販やベビー服の量販店、ネットショップ、オークションなどで賢く安く手に入れましょう。ネットで手に入る「海外ブランドのベビー服」は、大胆で華やかな色や柄・個性的でセレブなデザインがお手頃価格で手に入るので、ありきたりな服では満足できないというママや、他の子とはちょっと差をつけたいというママにはピッタリです。

 

 

「ベビーシューズ選び」

ベビーシューズは、小さな「ファーストシューズ」をお祝いでいただくことも多いのですが、実際にそのシューズが履ける時に歩けるかどうかは、足の大きさ、赤ちゃんの成長によって違います。言ってみれば、せっかくいただいたシューズもサイズが小さく赤ちゃんの足が大きかったら、飾りで終わることも多かったりします。

実際赤ちゃんが歩き始めるのは1歳前後ですから、赤ちゃんが産まれて1年位は実際に外で使用することはなく、早くてもベビーカーで移動の際に履かせたり、たっちが出来るようになる頃(7ヶ月~)履かせることになりますね。

専門家によれば、脳の発達にも関係するため、できるだけ赤ちゃんには靴下や靴を履かせずにいた方が良いとする意見もあるようです。赤ちゃんは足の裏でバランスを取ったり、暑さ・寒さを感じたりと、いろんな刺激を受けて、脳が発達していくからだそうです。その意味でも、実際に歩けるようになるまでは、靴を使わず過ごした方が良さそうです。

プレゼントで贈る場合や、いただく際には少し大きめ(12cm前後~)を選ぶと、赤ちゃんが実際に外で歩き始めてから掃かせられるので、無駄なく使えますね。

では、実際によちよち歩きを始めた赤ちゃんに、どんな靴を選んだら良いか?となると、いくつかポイントがあります。

① 赤ちゃんの柔らかい足をしっかりホールドできる形かどうか
まだ未発達な足や足首を守るために、足首までかかる靴の形が良いと思います。

② 靴底の屈曲性・柔らかさ
靴底の屈曲性は、実際に店頭で触ってみて確かめられればより感触も分かりますね。

③ 軽く、脱ぎ履きしやすいデザイン
まだ筋力の弱い赤ちゃんなので軽い方が足に負担がかかりません。また可愛いさや色などにばかり目がいってしまうと、つい忘れてしまいがちなのが、脱ぎ履きしやすさ。最初はママが脱ぎ履きさせますが、慣れてくると赤ちゃんも自分で脱いだり履いたりしようと始めます。その時に、すぐに脱ぎ履きできるように、マジックテープやゴムの靴だと難しくないと思います。

使ってみてとても良かったのは輸入物の「Bical(ビーカル)シューズ」です。
伸縮性のあるしっかりした生地で出来た靴下のような形の靴で、黒く柔らかいゴムの靴底が付いています。イメージとしてはお洒落な地下足袋のような感じですね。軽くて屈曲性もあり、柄も靴下を履いているようなものや動物柄など個性的&豊富なデザインがあり、出産祝いでプレゼントした友人にも大好評でした。












Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

このページの先頭へ